fc2ブログ

【ロボロフスキースキンクヤモリ】水分豊富と評判のいいエサがありました!

ロボロフスキースキンクヤモリ
コチラの記事でロボロフスキースキンクヤモリがゴキ○リをエサにすることをお伝えしました。

ゴ○ブリがペットショップにエサ用として売っているなんて、

爬虫類をペットにしようと思わなければ知ることはなかったです。

長男は好奇心旺盛なのでロボロフスキースキンクのKちゃんのエサになるムシが他にいないかを調べていました。

すると、

水分たっぷり、タンパク質も豊富!というムシを見つけてきました。

日本では昔からなじみのあるムシです。


そのムシを調べていくと、家畜の飼料としても使われてきたし、人が食べることもあったそうです。


今も地域によっては食品として販売されているそうです。

あと、化粧品の原料として使われることもあるとか。

万能なムシですね。

でも、Kちゃんは食べなかった。。。


「Kちゃんが喜んで食べてくれるといいな。」と思って、ネット通販で購入したのですが、結果としては食いつきがよくなかったです。

人も動物も食べるムシなのに。

Kちゃんは食べなかったのですが、ロボロフスキースキンクヤモリにもエサの好き嫌いがあるので、食べなかったのはたまたまだと思います。

万能なムシの正体は、


水分とタンパク質が豊富!という前評判で購入したのはこちらのムシになります。


『シルクワーム』です。


シルク=絹


ということで、シルクワームはカイコの幼虫になります。

ロボロフスキースキンクヤモリをはじめ、爬虫類はカイコもエサにするんですね。

シルクワームを保管する際の注意点


シルクワームは保管するのにきれいな環境が必要になります。

桑の葉をエサにするのですが、常にエサを食べ続けている印象です。

そして、毎日 フンをします。

ロボロフスキースキンクヤモリよりも手が掛かりました。(笑)

エサを適宜 新しいものにしたり、ケース内を清潔に保つなど、こまめに管理してあげないと どんどん亡くなっていきます。

うちは管理が行き届きませんでした。

他にも、
  • 飼育温度に注意が必要。
  • 「蒸れ」と「煙」に弱い。
  • 直射日光は厳禁。

などなど、気を付けることがあります。

まとめ


うちのKちゃんの食いつきが いまひとつ だったため、それ以降は購入していないのですが、


シルクワームをエサにされている飼い主さんによっては、とってもいい評価をされている方もいます。

ハニーワームと同じように 拒食の際に強い味方になってくれることもあるようです。

好んで食べる子もいると思いますので、気になられましたら 一度 試されることをオススメします!!


ブログランキングに参加しています。



下の画像をクリックして、応援して頂けると嬉しいです!

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブログランキングに参加してます!
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けますと嬉しいです。


ヤモリランキング
よろしくお願いします。
プロフィール

3児のパパ

ブログ作者:3児のパパ
「ヤモリ飼いたい!」と長男が言ったので、まったく興味のなかったヤモリの飼育方法を調べながら、可愛いKちゃん(ロボロフスキースキンク)の飼育を行っています。

ロボロフスキースキンクヤモリの情報はネットに少ししかないですよね。

だから、、、

詳しいプロフィールをコチラに書きました。

おかげさまで『ヤモリ部門1位』になりました。
ブログランキングの『ヤモリ部門』で1位になりました。
いつも応援して頂きましてありがとうございます!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ